抜けた乳歯は20分煮沸して保存する

抜けた子どもの乳歯は、20分ほど煮沸してから保存するのがいいようです。


オキシドールやハイターに浸けて殺菌する方法もありますが、それだと漂白されてしまうので、そのままの自然な歯の色で保存したい場合は、煮沸消毒がいいようです。



抜けた乳歯には血液やタンパク質、口腔内の菌が付着しているので、そのまま保存していると、菌が繁殖してにおいがしたり、カビが生えてしまうこともあるそうです。



乳歯保存前の煮沸消毒の方法

  1. 歯ブラシで乳歯を磨き、歯の裏側の汚れもかき出す
  2. 熱湯で20分煮沸消毒する
  3. 自然乾燥させる


歯の裏側には血液やタンパク質が付着しているので、歯ブラシでていねいにかき出します。つまようじを使ってもいいでしょう。



<参考>


乳歯を保存はキレイな洗浄・消毒から!



乳歯の保存ケース

娘と一緒にかわいい本のかたちの乳歯ケースを選びました。


抜けた日も記録できるので、とても気に入っています。



SPONSORED LINK


 

2021年12月21日 カテゴリ:[育児]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ