朝食時に英語の動画でインプット

5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法」で1日最低30分は動画などで英語のインプットをすることがおすすめされていました。


1回の学習時間は、15~20分で構いませんが、できれば朝と夜の2回計30分は毎日続けることを目標にしてほしいとのことでした。



わが家では、朝食時にYouTubeで英語の動画を30分ほど見せています。


食事中はテレビ等は消す方針でしたが、朝食中は私が洗濯物を干したりと食卓を離れることと、朝は準備で忙しく動画を見る時間が他にとれないので、朝食中にYouTubeを見せることにしました。



娘の英語のレベルとしては、簡単な挨拶や単語が言え、簡単な文章が読める程度です。


娘が気に入って見ているのは「Peppa Pig」とDisney Juniorの「Minnie’s Bow-Toons」です。


Peppa Pig


Minnie’s Bow-Toons


特に「Minnie’s Bow-Toons」が大好きで、同じお話も何度も見ています。


動画を見ながらミニー達のセリフを一緒に言ったりするときもあるので、やはり英語に毎日触れることはとてもいいことのように思います。



しかし、朝食時にYouTubeを見せていると、夕食時にも見たがるようになりました。


夕食時は家族団欒の時間にしたいという考えですが、夕食時は平日限定で18時までとの約束で英語の動画を見せることが多くなってきました。


英語の動画を楽しんでくれていることは嬉しく思います。



これからもYouTubeで英語のインプットを続けていきたいと思います。




SPONSORED LINK


 

2021年12月16日 カテゴリ:[英語教育]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ