「は」と「わ」、「を」と「お」、「へ」と「え」の違いの教え方

5歳の娘が「わたしはりんごがすきです」と書くべきところを「わたしわりんごがすきです」と書いたりしたことから、「は」と「わ」、「を」と「お」、「へ」と「え」の違いを教えることになりました。



くっつき言葉

言葉と言葉をつなぐ助詞の「は」「を」「へ」


くっつきの「は」

<教え方>


  1. 言葉と言葉をつなぐときは「は」を使う
  2. 言葉の中にある字は「わ」を使う
  3. 「こんにちは」「こんばんは」は「は」を使う


①言葉と言葉をつなぐときは「は」を使う

(例)りんご は あかい


「りんご」と「あかい」という言葉と言葉をくっつけるときは「は」を使う。



②言葉の中にある字は「わ」を使う

(例)わたがし、にわとり、わたる



③「こんにちは」「こんばんは」は「は」を使う

こんにちは(ご機嫌いかがですか)


こんばんは(ご機嫌いかがですか)


というように、後ろに「ご機嫌いかがですか」が隠れているので、くっつきの「は」を使う



くっつきの「を」

<教え方>


  1. 言葉と言葉をつなぐときは「を」を使う
  2. 言葉の中にある字は「お」を使う


①言葉と言葉をつなぐときは「を」を使う

(例)りんご を かう


「りんご」と「かう」という言葉と言葉をくっつけるときは「を」を使う。



②言葉の中にある字は「お」を使う

(例)おりがみ、あお、おりる



くっつきの「へ」

<教え方>


  1. 言葉と言葉をつなぐときは「へ」を使う
  2. 言葉の中にある字は「え」を使う
  3. 宛名は「へ」を使う


①言葉と言葉をつなぐときは「へ」を使う

(例)ようちえん へ いく


「ようちえん」と「いく」という言葉と言葉をくっつけるときは「へ」を使う。



②言葉の中にある字は「え」を使う

(例)えんぴつ、かえる、もえる



③宛名は「へ」を使う

(例)おばあちゃん へ


おばあちゃん へ (むすめちゃん より)


というように、後ろに差出人が隠れているので、くっつきの「へ」を使う





ぷりんときっずにくっつきの「は」「を」「へ」のプリントがありました。


くっつき言葉の説明をした後、こちらのプリントをさせたところ、理解が定着したようです。


ぷりんときっず ひらがな「は・を・へ」プリント 


SPONSORED LINK


 

2020年7月21日 カテゴリ:[教育]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ