英語を習得するには約2000時間のインプットが必要だそうです。

娘に英語を習得してもらうため、インプットの時間をStudyplusに記録し、2000時間を目指すことにしました。


Studyplusとは

勉強時間、勉強量などをを登録できる学習総合サイトです。

iOS、Androidそれぞれに対応したアプリもあります。

Studyplus


Studyplusの使い方

教材を選び、勉強時間を登録する

Studyplus登録画面
















あらかじめ登録しておいた教材を選び、勉強時間を入力します。学習した時間には自動で現在時刻が表示されます。任意で学習量、「要点・ひとことメモ」も入力することができます。

私は勉強時間だけを入力しています。

なお、教材は市販の教材を選んで登録できますし、自分で教材を手動で登録することもできます。

勉強時間を登録したら、タイムラインに投稿される

タイムライン
















勉強の記録を他のユーザーと共有することができますが、記録を非公開にすることもできます。

私は、非公開にしています。

勉強の記録(レポート)を見ることができる。

Studyplusレポート①
















レポートでは、今日と今月の学習時間と、学習時間の総計を見ることができます。

私は、この、学習時間の総計を2000時間にすることを目標にしています。

その日ごとの勉強時間や、教材ごとの時間配分も見ることができます。

Studyplusレポート②
















また、毎週月曜日に今週の目標勉強時間を設定することができます。

私は、毎週10時間勉強することを目標にしています。

また、カレンダーで勉強をした日としなかった日が一目でわかります。


Studyplusを使ってみて

私はスマホのアプリでStudyplusを使っていますが、勉強してすぐに、手軽に登録できるので、気に入っています。

インプットの時間の総計を測るのにはとてもいいアプリだと思っています。

また、教材別の時間配分も見ることができるので、「YouTubeに偏ってるな」など、反省することもできます。

今から英語の習得を目指している方、インプット2000時間の達成にStudyplusを使ってみてはいかがでしょうか。

Studyplus