5年日記帳に育児日記を書く3つのメリット

5年日記帳に育児日記を書くメリットを紹介したいと思います。














5年日記帳に育児日記を書く3つのメリット

1.過去の今頃は何をしていたか、一目で振り返ることができる

2年目以降に日記をつけるとき、去年の今頃は何をしていたなど、一目で過去を振り返ることができ、とても楽しいです。


育児日記をつけていると、子供の成長が感じられます。


妊娠中どんなことをしていたか、名前をどうやって決めたのかなども振り返ることができるので、妊娠中からのご使用をおすすめします。



2.書くスペースが小さいので、気負わずに続けられる

私が使っている5年日記は1日に5行しか書くスペースがないので、その日の出来事を簡潔に書いています。


長文を書かなくてはと気負わず、気楽に続けられます。



3.子供の成長を楽しむことができる

日記を読み返すと、5年分の同時期の子どもの様子を見ることができるので、子供の成長を楽しむことができます。



5年日記をつけてみて

妊娠中から5年日記をはじめ、今年で7年になります。


日記帳は2冊目になりました。


私は各月の最後のメモ欄にその月に好きだった絵本やテレビ番組、好きな遊び、その月の特筆事項を書いています。


11月と12月など、ひと月ではあまり変わらないことも多いですが、1年前と比べると変わっていて面白いです。


去年のクリスマスはどうだったとか、プレゼントは何を貰ったとか振り返ることがとても楽しいです。


育児中の方は是非5年日記を活用されてみてください。







SPONSORED LINK


 

2021年12月9日 カテゴリ:[育児]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ