子どもの歯並びの矯正はいつ相談すればいいのか

矯正歯科に6歳の娘の歯並びの相談に行ってきました。


すべて乳歯の状態で相談に行ったのですが、治療には少し早かったようです。


上下4本の前歯が生えかわってから、再度カウンセリングをすることになりました。



子どもの歯並びの矯正はいつ相談すればいいのか

子どもの歯並びの矯正の相談は、上下4本の前歯が生えた頃がいいようです。


完全に生え終わる前でもいいようですが、実際に生えてきた永久歯のサイズを見てからでないと、どのくらい広げればいいのか計算できないそうです。


ただし、これは歯並びの相談の場合で、受け口などの場合は時期が異なりますので、ご注意ください。



矯正歯科のカウンセリングを受けて

矯正歯科に相談に行った背景

下の歯に隙間がなく、永久歯がきれいに入りきれないのではないかと心配したため。



カウンセリング結果

下の歯に隙間がないだけでなく、上の歯の隙間も足りないので、1期治療(混合歯列期までの矯正治療)が望ましい。


1期治療をせずに2期治療(マルチブラケット治療)をした場合、抜歯矯正になる確率は80%程度だが、1期治療後に2期治療に移行した場合、抜歯治療になる確率は20%程度に抑えることができる。


1期治療を始めるには、上下4本の前歯が生えかわってから、再度カウンセリングをする必要がある。


レントゲンの結果、永久歯の過不足はないので安心してよい。



カウンセリングを受けて

抜歯治療は避けたいので、1期治療をしようと思います。


上下4本の前歯が生えかわってから、再度カウンセリングを受けることにします。





SPONSORED LINK


 

2021年12月2日 カテゴリ:[美容・健康, 育児]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ