お酒の強さは遺伝で決まる

慶應義塾大学医学部小児科教授の高橋孝雄さんの著書「小児科医の僕が伝えたい最高の子育て」にお酒に強いか弱いかは、血液型のように遺伝で決まると書かれていました。




悪酔いや二日酔いの原因となるアルコールからできるアセトアルデヒドを分解する゛アセトアルデヒド脱水素酵素゛の力が強いか、中くらいか、弱いかで、その人が飲んで気持ちよく酔える量が決まり、それを決めているのが親から受け継いだ一対の遺伝子だそうです。



<お酒に強い弱い 6つの遺伝パターン>



親  AA強い-AA強い


      ↓


子    強いAA




親  aa弱い-aa弱い


      ↓


子    aa弱い




親  Aa普通-Aa普通


      ↓


子    AA強い


    Aa普通


    aA普通


    aa弱い




親  AA強い-aa弱い


      ↓


子   Aa普通




親 AA強い-Aa普通


      ↓


子   AA強い


    Aa普通




親  aa弱い-Aa普通


      ↓


子   aA普通


    aa弱い



この遺伝子パターンでよくあるのがAa、中くらいの強さだそうです。


このほどほどの人どうしが結婚した場合、考えられる組み合わせは「AA」「Aa」「aA」「aa」の4通りで、酒豪が生まれる確率は25%、中くらいは50%、下戸は25%となるそうです。



 私と夫は普通と弱いなので、娘は普通か弱いのどちらかになるようです。



SPONSORED LINK


 

2020年1月20日 カテゴリ:[読書感想・書評]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ