左利き用子ども包丁を買いました

5歳の娘に子ども用包丁を買いました。

包丁にも利き手があると知り、娘は左利きなので、左利き用の包丁を買いました。


幼児用のリス、低学年用のウサギ、高学年用のクマと3種類の絵柄がありましたが、娘がウサギがいいというので、ちょっと早いですが、低学年用のウサギを買いました。

でも、切れ味が良すぎて危ないということもなく、問題なく使えています。

娘は去年の3月に子ども用安全包丁を買い、毎朝、味噌汁用の豆腐を切ってくれていました。時々魚肉ソーセージなどのやわらかいものを切ってくれていましたが、そろそろ野菜なども切ってもらいたいと思い、切れる包丁を買いました。


<包丁を使う3つの約束>

  1. 包丁はしっかり持ち、ていねいに扱う
  2. 右手はネコの手にする
  3. 切り終わったら、包丁は刃をが奥に向くようにまな板の奥に置く

買った包丁は、左側にのみウサギの絵が描いてあるので、③の包丁の向きは、娘には「ウサギさんが見えるように」と伝えています。


娘に切ってもらう野菜は、きゅうりから始めました。

これからどんどんいろいろな野菜を切ってもらいたいと思います。




<関連記事>

4歳の娘に子ども用安全包丁を買いました