お金のかからない美容法 ヒートショックプロテイン入浴法

お金をかけずに美肌を手に入れたいということで、私は週に2回ヒートショックプロテインを生成しています。

ヒートショックプロテインは熱(温度差)によって増加し、紫外線によるシミやしわを防いでくれるそうです。


顔を冷水で冷やした後、蒸しタオルを顔に当てるのも有効なようです。


紫外線によるシミやしわを防ぎ、肌年齢を若く保つことができるヒートショックプロテイン入浴法を紹介します。






ヒートショックプロテイン入浴法



1.42度のお湯を溜めたお風呂に5分つかる。


 このとき、蒸しタオルで顔を温めるとなお良い。


 


2.お風呂からあがった後、10~20分バスローブなどで身体を温める。

※入浴前後に水分補給をしっかり行うこと。









ヒートショックプロテイン入浴法(熱いお湯が苦手な方用)



1.40度のお湯を溜めたお風呂に15分つかる。


 このとき、蒸しタオルで顔を温めるとなお良い。


 


2.お風呂からあがった後、10~20分バスローブなどで身体を温める。









ヒートショックプロテイン生成法(湯船に浸かれない場合)



42度の蒸しタオルを5分顔に当てておく。









私のヒートショックプロテイン生成法



1.40度のお湯を溜めたお風呂に15分つかる。

2.お風呂からあがった後、暖かい服装に着替える。

3.着替えが終わったら、蒸しタオルを5分顔に当てる。


 水で濡らしたタオルを電子レンジにて600Wで20秒温め、蒸しタオルを作る。


 これを顔に当て、ぬるく感じてきたら、600Wで10秒温め、再び顔に当てる。


 蒸しタオルがぬるくなったら電子レンジで温めなおすことを繰り返す。









ヒートショックプロテイン入浴法の注意点



この入浴法は週に2回が目安です。


あまり頻繁にすると慣れてしまって、ヒートショックプロテインが出なくなるそうです。


情報元:


特命調査機関 ゴンゾウ


ホンマでっか!?TV




SPONSORED LINK


 

2014年1月9日 カテゴリ:[美容・健康]

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ