お年玉の使い道は子どもに決めさせよう

わが家では、娘が年中の時からお年玉の使い道は自分で決めさせています。


お子さんがお金に興味をもったら読む本を参考に、お年玉の記録をつけさせています。














記入するのは下記のことです。


  • だれからいくらもらったか
  • いくら銀行に貯金するのか
  • お年玉で買いたいものとその金額
  • 貯金箱に入れる金額
  • おこづかいにする金額


使い道を決めるときに、まずいくら銀行に貯金するのかを決めることで、先取り貯金の考え方が身につきます。


次に、買いたいものを考えることで、本当に欲しいものを買う力がつきます。


貯金額と欲しいものを決めてから、貯金箱とおこづかいに振り分けます。



2022年からゆうちょ銀行が硬貨の取り扱いを有料化するそうなので、貯金額は千円単位としなければなりません。


私からのアドバイスはこれくらいにして、あとは自由に決めさせたいと思っています。



お年玉は会社員でいうとボーナスに当たるものです。そして、毎月のおこづかいは会社員でいうお給料。


子どものうちからお年玉やおこづかいで、しっかりと金銭教育をしていきたいと思います。


貯める力と使う力をしっかり育てていきましょう。




SPONSORED LINK


 

2022年1月1日 カテゴリ:[マネー教育]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ