お年玉の使い道は自分で決めさせる

今年からおこづかいをはじめることもあり、5歳の娘にお年玉の使い道を自分で決めさせました。


ちなみに、去年までは全額、娘名義の銀行に預け入れていました。



参考にしたのは「お子さんがお金に興味をもったら読む本」です。




「お子さんがお金に興味をもったら読む本」で紹介されていた「お年玉の記録」を娘につけさせました。














記入するのは下記のことです。


  • だれからいくらもらったか
  • いくら銀行に貯金するのか
  • お年玉で買いたいものとその金額
  • 貯金箱に入れる金額
  • おこづかいにする金額


娘は自分で考えて下記のように決めました。


  • 娘がもらったお年玉は合計3500円
  • 銀行に3000円貯金
  • お年玉で買いたいものはヒーリングボトル200円
  • 貯金箱に300円


娘は紙のお金にあまり興味がなかったのか、3000円を貯金するとすぐに言いました。


(元々3000円は貯金するように誘導するつもりでしたが)


ちなみに、親からのお年玉は500円で、500円玉1枚ではなく100円玉5枚で渡しました。


貯金箱とお財布に分けやすいようにとあえて100円玉5枚にしています。


「お年玉の記録」に沿って金額を決めていくので、娘もやりやすかったようです。


算数の勉強にもなりますし、自分で考えて決めるということが大切なように思います。


貯金は、一緒にATMに行って預け入れ、通帳の金額を確認させました。



お金を大切に使い、本当に欲しいものだけを買って、貯金もしっかりできる子に育ってほしいと思います。




SPONSORED LINK


 

2021年1月19日 カテゴリ:[マネー教育]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ