仕事が速い女性がやっている時間のルール

SPONSORED LINK


 

日経WOMAN別冊の「仕事が速い女性がやっている時間のルール」を読んでみました。





『仕事が速い女性がやっている時間のルール』とは

日経WOMAN別冊として発売されている女性のための時間管理の雑誌です。


輝いている女性が実際にやっている時間の使い方なども載っていて、とても読みやすいです。



輝く女性の時間のルール

朝活7つのメリット

  1. 締め切り意識が生まれる
  2. 前向き思考になれる
  3. 静かな環境で集中できる
  4. すいているので通勤が楽
  5. 朝の段取りで1日がスムーズ
  6. 決して遅刻しない
  7. できる自分に自信がつく


朝を活用すると人生が充実する4つの理由

  1. 誰にも邪魔されない1人の時間を持てる
  2. 脳がクリアで、物事が効率的にはかどる
  3. ストレスを感じにくく、前向きに取り組める
  4. 朝、イメージしたことは実現しやすい


数字で具体的にひとり時間をつくりだす

時間の使い方をすべて書き出す
  1. 始業までと就業後の行動を分単位でリスト化
  2. 家事もメールチェックも費やしている時間を計る
  3. 1週間ほどつけて自分の時間の使い方を振り返る

重要度×所要時間でマッピングする
  1. 今やっていることを付箋に書き出す
  2. これからしたいことと所要時間を付箋に書きだす
  3. 重要度と所要時間でマッピングする(縦軸:重要度、横軸:所要時間)

「決める→やる→自信がつく」スパイラルをつくる

起床~始業、就業~就寝の予定表を作る


  1. 一番大切な時間を最初にブロック
  2. 内容によって色分けして見える化する
  3. 見直して修正、”戦略的先送り”もOK


仕事が速い女子になるワザ

仕事が速い人と遅い人の違い

仕事が速い人の5つの特徴
  1. 仕事の優先順位を付けている
  2. 何でも”即レス”が基本
  3. デスクやPC内を常に整頓
  4. タイムリミットを決めて作業する
  5. ”ひな型”を使って時間短縮

仕事が遅い人の5つの特徴
  1. 優先順位を付けるのが苦手
  2. TO DOリストを作っていない
  3. 仕事を先延ばししてしまう
  4. 必要以上に丁寧に作業しがち
  5. 集中力が続かない

サクサク進む仕事「段取り」術

  1. 重要度×緊急度で仕事を見直す
  2. 予定・記録をつけて時間を把握する
  3. 締め切りから逆算して予定を立てる
  4. 毎朝TO DOリストを書いてチェック
  5. 割り込みを想定し、20%プラスの余裕をみて予定を組む

仕事がはかどる黄金ルート

仕事がはかどる時間帯を覚える
始業前 午前中 ランチタイム 午後
スタートダッシュ!タイム ハイスピードタイム リフレッシュタイム ノーマルタイム
仕事サクサク度★★★ 仕事サクサク度★★ 仕事サクサク度★
仕事がはかどるTO DOリストを作る

「数」「時間」「順序」が分かるリストを作る


仕事がはかどる集中力をキープする

<集中力が続かないとき>


  • ガムをかむ
  • 周りに宣言する
  • 全く違う作業にチェンジしてみる
  • 作業中の書類だけを机に置く
  • 「15分間集中する」と決める

<疲れて仕事がはかどらないとき>


  • 単純作業を行う
  • 10分間と決めて休憩する
  • 気分の乗る作業をする
  • チョコレートを食べる

<嫌な仕事を後回しにしてしまうとき>


  • ご褒美を考えておく
  • 朝一番で終わらせる
  • 一度席を立ち、フロア内を5分間歩く

仕事を邪魔する雑音から逃れる

角を立てずに”横やり”を撃退する


結果を出す人になるための手帳活用術

基本ルール
  1. 自分が得意なツールを選ぶ
  2. スケジュールは一元化する
  3. 手帳はいつも開いておく

書き方のコツ
  1. タスクを書き出す
  2. 時間を見積もる
  3. 振り分ける


わたし時間で「ありのままの私」を取り戻す

「わたし時間」とは

  1. 仕事から切り離されて過ごす時間
  2. 「ありのまま」の自分になれる時間
  3. 1人でも誰かとでもOK!好きなことをできる時間

「わたし時間」充実の過ごし方ポイント5

  1. 自分の考えをまとめる時間を持つ
  2. 何もせず「ぼんやり」する時間をつくる
  3. 日々の生活に「こだわり」を取り入れる
  4. 「見る」「読む」「やる」は自分で選ぶ
  5. 新しい場所に積極的に出かける

なりたい自分に近づく”新習慣”を身につける

習慣の見つけ方&つづけ方
  1. 目標の先にある”なりたい自分”を考える
  2. ”日々のノルマ”は少しだけ高く設定する
  3. ”自分の心と対話”する時間を大切にする
  4. 続けるための”環境づくり”を徹底する
  5. 完璧を目指さず”できた部分”に注目する

夢達成を習慣化する7つのPOINT
  1. 最初の一歩はハードルを低めに
  2. 短期目標に徹底的に集中
  3. 自分のためにご褒美を用意
  4. 毎日、きちんと振り返る
  5. 褒め習慣も身につける
  6. とりあえず3カ月は試す
  7. 楽しく取り組める仕掛けを大切に

行動を習慣に変えるためのコツ

<”アメ系”継続のコツ>


  1. ご褒美を作る
  2. 褒められる環境を用意
  3. 楽しく続ける仕掛けをセットに
  4. 理想のモデルを設定する
  5. 始めるための儀式をつくる
  6. 習慣を邪魔する原因を取り除く

<”ムチ系”継続のコツ>


  1. お金を投資する
  2. ”習慣友達”と張り合う
  3. みんなに宣言して自分を追い込む
  4. 罰ゲームを設定する
  5. 目標を明確に決める
  6. 約束や予約で自分を縛る


『仕事が速い女性がやっている時間のルール』を読んで

自分の持っている時間は限られているので、その限られた時間を有効活用できるよう自分なりに工夫したいと思います。





SPONSORED LINK


 

2015年2月28日 カテゴリ:[自己啓発・仕事術, 読書感想・書評]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ