3歳を過ぎたら勇気づけをしよう!〜アドラー式子育て

「マンガでやさしくわかるアドラー式子育て」を読みました。



嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えを読んだ時は衝撃を受けましたが、このアドラーの心理学を子育てに使いたいと思い、こちらの本を読みました。




マンガで読みやすく、どのように育児に取り入れたらいいか、とてもわかりやすかったです。


3歳を過ぎたら勇気づけをしよう!


ちょっと娘が3歳になったので、読むタイミングもちょうどよかったです。



<勇気づけの言葉かけポイント>


  1. 貢献や協力に注目する
  2. 過程や姿勢を重視する
  3. すでに達成できていることに注目する
  4. 失敗も受け入れる
  5. 他の子と比べるのではなく、個人の成長を重視する

立派なママよりも「幸せなママ」になろう


私も「不完全な自分を受け入れる勇気」を持って、子どもと一緒に成長しようと思います。



今はトイレトレーニングに苦戦しているので、アドラーの勇気づけを取り入れて声かけをしていきたいと思います。



手元に置いて時々読み返したいと思えた本です。



とても読みやすいので、忙しいママさんにもおすすめです。




SPONSORED LINK


 

2018年7月25日 カテゴリ:[育児, 読書感想・書評]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ