赤ら顔のスキンケア

美容皮膚科を受診し、赤ら顔のためのスキンケアを教えてもらいました。



赤ら顔のスキンケアの鉄則

何もせず、そっとしておくことが一番!



赤ら顔のスキンケア方法

基本のスキンケア

  • 基礎化粧品は使わない。どうしても使いたければ、敏感肌用の化粧水のみ
  • 日焼け止めは使わず、日傘等を使う
  • ファンデーションは使ってはいけない(お粉はOK)
  • 洗顔は水でおこなう(ぬるま湯もNG)
  • 朝は顔は洗わない(目やにはふく)
  • 入浴はお風呂ではなく、ぬるめのシャワーで手早く(可能であれば2日に1回)
  • 入浴前に運動をして汗をかいておくと良い(天然の保護剤になる)
  • ピーリングはNG(泥パックもNG)


アンチエイジング・美肌のために

  • 週に2回程度ビタミンCのイオン導入をおこなう


赤ら顔のスキンケアを実践してみて

基礎化粧品は使わない肌断食をはじめて24日が経ち、頬の赤みが薄くなってきました。


肌は少し乾燥気味ですが、気になるほどではありません。


これからも肌に負担をかけず、ビタミンCイオン導入でアンチエイジングを行いたいと思います。



SPONSORED LINK


 

2014年7月15日 カテゴリ:[美容・健康]

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ