手作りひらがなドリルはお友達の名前で

ヨコミネ式95音のプリントが終わり、ひらがなのドリルを自作するようになりました。


娘が楽しく取り組めるよう、幼稚園の同じ組のお友達のお名前を書く練習をしています。


アルファベットのドリル同様「HGP教科書体」で作成しています。














はじめは家族や親族の名前からはじめたのですが、今は同じ組のお友達の名前を娘に選ばせて、その子のお名前を練習しています。


そのお友達がどんな子か話しながら練習するので、会話も楽しめています。



ヨコミネ式95音のプリントよりもお友達の名前ドリルの方が楽しんで取り組めているようです。



娘から「エリーゼのために」「メヌエット」「ハンガリアぶきょく」など曲名を書く練習をしたいとリクエストされることもあり、手作りドリルでのひらがなの練習を楽しんでいるようです。



書きたいという気持ちが高まっている時期なので、お友達の名前を中心にいろいろなひらがなやカタカナのドリルを作って練習させたいと思います。


SPONSORED LINK


 

2020年3月13日 カテゴリ:[教育]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ