2歳からのかるた遊びには2色のジョイントマットが活躍

ジョイントマットは大判が良いとのアドバイスで、出産後から西松屋の大判ジョイントマットを敷いています。


西松屋 くみあわせマット(ブラウン&ベージュ) 大判4枚[ジョイントマット]



2歳後半くらいからかるた遊びをときどきしていましたが、46枚から探すのはちょっと難しいです。


「この辺りにあるよ」とヒントを出しても、枚数が多すぎると難しいようで、あ行とか行だけとかでかるたをしていたのですが、事前にあ行とか行の札だけを選ぶ作業が手間で、少しストレスに感じるようにりました。


そこで、自宅のジョイントマットを利用することに。


ベージュとブラウンのマットを敷いているうち、4枚分に絵札を広げます。


十字の境界を中心に広げるのがポイントです。




かるた遊びをしている時に、見つけられなくて飽きそうな気配がした時は、「こっちのグループにあるよ」と探しているかるたがあるマットを教えてあげていました。


ヒントで枚数がしぼられると、また集中力が復活しました。


ジョイントマットの2色のコントラストがゾーン分けにとても役立ちます。


枚数が少なくなってもヒントを求めてくるときもあるので、そのときは「どこにあると思う?どこかな~?」とヒントを出すのを遅くしたりしています。



かるたの遊び方としては、読み札を読んだ後、読み札の協調されている文字を指さして、「『あ』を探してね」とさがすひらがなを見せながら探させました。


娘が探している間は、読み札はずっと娘が見えるように持っています。



娘は2歳頃から絵かるたが大好きで、2歳前半はかるたには興味を示しませんでした。


ちなみに、娘はベネッセの「しまじろう せいかつえかるた」が大好きでした。



娘は文字や言葉に興味があるので、どんどん伸ばしてあげたいと思います。


SPONSORED LINK


 

2018年7月17日 カテゴリ:[育児]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ