3歳児にガチャを諦めさせる方法~好きなものを基準にする

ショッピングモールで娘が300円のガチャをしたいと言いました。


私は娘にガチャにはハマって欲しくないと思っているので、諦めてもらいたいと言った言葉が、娘にぴったりハマったみたいです。


「これをするにはカットフルーツ3個分のお金がいるんだ。カットフルーツ3回我慢できる?」


娘は一瞬考えて、ガチャの前から立ち去るという選択をしました。



毎週1回、娘とスーパーに行ったときは、娘に好きなカットフルーツを1つだけ買ってあげています。


カットフルーツは季節によって果物が変わり、「スイカのみ」と1種類のみのものや複数のフルーツの組み合わせのものがあります。


フルーツの組み合わせもメロンメインのものは「メロン、キウイ、アメリカンチェリー、サクランボ」や「メロン、オレンジ、アメリカンチェリー」など複数の組み合わせがあり、毎回選ぶのを楽しみにしています。


そのカットフルーツの値段が税抜100円。



ガチャを諦めてくれてい以降、何かをねだられたときには、カットフルーツ何個分と説明すると、大抵諦めてくれます。


大事なもの、大好きな物にお金を使って、無駄なものにはお金を使わない習慣をつけて欲しいと思います。


これからも娘の大好きな物を基準に、モノの価値を考えてもたいたいと思います。


SPONSORED LINK


 

2018年7月20日 カテゴリ:[育児]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ