強いチームはオフィスを捨てる ~ リモートワークのすすめ

以前、『小さなチーム、大きな仕事』を読んだので、その著者であるジェイソン・フリードさんの著書『強いチームはオフィスを捨てる』を読んでみることにしました。







『強いチームはオフィスを捨てる』とは



アメリカで2013年10月に出版された『REMOTE』を翻訳したものです。


リモートワーク(いわゆる在宅勤務)という働き方を、深く公平に検討するための本です。


リモートワークのメリットだけではなく、デメリットも紹介し、さらにデメリットの克服方法も紹介しています。







筆者が届けたいメッセージ







オフィスに集まって働くという固定概念をくつがえし、新たな世界の扉を開くのだ。


僕らがいっているのは、人件費削減のためのアウトソーシングみたいな古臭い話じゃない。仕事の質が大きく高まり、働く人の満足度もアップする、新しい働き方のことだ。




筆者はリモートワークがいかに豊かで自由な世界かということを訴えています。







私が取り入れたいリモートワークの運用方法






リモートワークの人材採用



リモートワーカーに求めるものは次の3つ。




  • 文章力

リモートワークでは、メールやチャットや掲示板で話し合いをするので、文章力が欠かせない。


採用活動では、カバーレター(添え状)で文章力を見よう。




  • 人柄

リモートワークでは、オフィスで働く以上に人のつながりが重要。


距離を克服するためには、良質なコミュニケーションが不可欠。


採用活動では同僚とランチに行かせ、ランチに行ったメンバーから人柄をヒアリングするとよい。




  • 仕事ぶり

履歴書や>職務経歴書では実際の仕事ぶりはわからない。


仕事ぶりを知るためには、実際にやらせてみることが。


お試し採用をして、小さなプロジェクトをやりとげてもらう。※給料は支払う


現在仕事をしていない人なら、1週間専念してもらい、仕事をしている人なら、2週間夜や週末を利用してもらう。







リモートワークのマネジメント




  • 席ではなく生産性を管理する

マネージャーの仕事は、仕事をリードし、成果を確認すること。


肝心なのは、時間や場所ではなく、なにをやるか。




  • 1対1で話をする

2カ月に1回程度、1対1でフランクに何でも話せる機会をつくる。


電話でも可。


気づかないうちに不満が溜まって爆発するのを防ぐため。




  • 働きすぎに注意する

人は油断すると仕事にはまってしまう。


しかし、仕事がすべてになってしまうと、人はすでに燃え尽きてしまう。


チームリーダーや経営者が「働きすぎはよくない」というムードをつくるべき。







リモートワーカーとして働く注意点




  • バーチャルではなくリアルで人とふれあう

リモートワーカーは孤独になりやすい。


家族や友人とふれあったり、意識的に外にでるべき。




  • 働きすぎない

リモートワーカーは、仕事とプライベートの区切りがなくなり、働きすぎてしまう傾向がある。


無理なペースで走っていると、必ずどこかで反動がくる。


「1日分の仕事」という区切りをつけよう。




  • 仕事と遊びの区別をつける

決まったリズムのない生活はやりにくい。


仕事とプライベートの区別をつけるルールをつくった方がよい。


(例)


仕事用の服と、遊び用の服をわける。


仕事用のパソコンと、遊び用のパソコンをわける




  • 運動不足に気を付けよう

典型的なサラリーマンの生活も健康的とは言えないが、リモートワーカーは通勤がないので、それ以上に歩かない。


通勤時間を節約しているのだから、その分運動や健康的な食事に時間を割いた方がよい。








『強いチームはオフィスを捨てる』を読んで



リモートワーカーとして働くと、働きすぎてしまったり、休みすぎてしまったりする人が出てきてしまうため、リモートワーカー自身がオンとオフを切り替えて、自己管理していくことが必要だと感じました。


そして、マネージャーが進捗管理をしっかりおこなうことも必要です。


今後リモートワークが広く取り入れられたら、働きやすい社会になると思いました。





SPONSORED LINK


 

2014年1月27日 カテゴリ:[自己啓発・仕事術, 読書感想・書評]

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ