「将来のビジョン」を持って教育しよう

『正しい家計管理』の著者である林 總さんの著書『年収1000万円「稼げる子」の育て方』を読みました。




家計管理と同じく、子育てにも北極星(将来のビジョン)が大切だと、心に刻みました。



筆者からの2つの質問を、時々自分に問いたいと思います。


質問1 子どもにどんな大人になってほしいですか


質問2 そのためにどんな教育をしていますか


本を読んで実際に紙に書き出しましたが、今まで漠然と教育していたことを反省しました。


将来習い事をするときも、なんとなくさせるのではなく、どういう成果を出したいかを書き出してから決めようと思います。



お友達が習い事をはじめたり塾に通いだしたと聞くと、「うちも」とつい通わせたくなります。


でも、そんなときにも、限られた教育費を「将来のビジョン」のために使うという強い意志が必要です。



子どもの個性も見ながら、「将来のビジョン」をしっかり持って教育しようと思います。







SPONSORED LINK


 

2019年2月1日 カテゴリ:[育児, 読書感想・書評]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ