まんがでわかる7つの習慣

amazonで人気だったので読んでみました。





『まんがでわかる7つの習慣』とは

スティーブン・R・コヴィーの『7つの習慣』の要点をマンガによるエピソードと文章による解説でわかりやすく書かれたものです。


マンガは、バーテンダーの修行を始めた歩が、バー「セブン」での様々な出会いを通して成長していく物語です。



筆者が届けたいメッセージ

真の成功は人格を育てることから始まる



7つの習慣

  1. 主体的である
  2. 終わりを思い描くことから始める
  3. 優先事項を優先する
  4. Win-Winを考える
  5. まず理解に徹し、そして理解される
  6. シナジーを創り出す
  7. 刃を研ぐ


主体的である

自分の選択を意識して行動する
  • 自分の性格や行動は自分の選択の積み重ねの結果
  • 自分のやり方が変われば相手も変わる

自分の「影響の輪」を意識して行動する
  • 影響力が及ばないことに悩むのは無意味
  • 影響力を高めるために小さいことから始めよう

終わりを思い描くことから始める

生産的な前進のために「終わり」を設定する
  • 自分の人生の「終わり」を見つける3つの力


  1. 自覚
  2. 想像力
  3. 良心


  • 明確な目的をまず考えて自分を導く

迷ったときは「原則」に立ち返って選択する
  • 生活の中心を考え「ブレない自分」を手に入れる
  • あなたの「原則」はは何か?<<

最優先事項を優先する

人間活動は4つの領域に分けられる
  1. 緊急で重要なこと
  2. 緊急でないが重要なこと
  3. 緊急だが重要でないこと
  4. 緊急でも重要でもないこと


  • 「時間を管理する」ことが成長を妨げる
  • 「緊急でないが重要なこと」が人生の栄養になる

スケジュールは「役割」と「目標で考える」
  • 自分の役割を考えれば第2領域(緊急でないが重要なこと)が見えてくる
  • 予定をこなすことが目的ではない


Win-Winを考える

双方にメリットのある道が真の正解
  • 「勝者がいれば、必ず敗者がいる」と考えるのは間違い
  • 場合によっては「取引しない」という選択肢もある

「与える人」がもっとも豊かになれる
  • 「豊かさマインド」を抱いて生きよう
  • Win-Winを支える5つの柱


  1. 人格(基礎となる自分の人格が充実している)
  2. 関係(お互いの信頼関係が強く結ばれている)
  3. 合意(双方の合意がなされ、実行協定が充実している)
  4. システム(関係を継続するしくみが円滑に機能している)
  5. プロセス(結果に至るまでの望ましい過程をたどっている)

まず理解に徹し、そして理解される

「話す」より「聞くこと」から始めよう
  • 相手を理解しない人は理解してもらえない
  • Win-Winのために”聴く”

4段階の聞き方で相手を深く理解する
  1. 話の中身を繰り返す
    「仕事がいやなんだ」⇒「仕事がいやなんだね」
  2. 話の中身を自分の言葉に置き換える
    「仕事にやる気が出なくて」⇒「そうか、会社に行きたくないんだね」
  3. 相手の感情を反映する
    「今日は休んでもいいかな」⇒「なんだか疲れているみたいだね」
  4. 自分の言葉の置き換えつつ、感情を反映する
    「今日は休んでもいいかな」⇒「疲れているようだから、会社にいきたくないんだね」


  • 「自分の場合」に当てはめて聞くことをやめる
  • 共感による傾聴で相手の心を開く

シナジーを創り出す

お互いに納得できる「第3の案」は必ずある
  • シナジーの本質は「違い」を尊重すること
  • シナジーの成果は妥協よりもはるかに大きい

シナジーをもたらすコミュニケーションとは
  • コミュニケーションの度合いがシナジーのカギ
  • 「第3の案」を生むには忍耐がいる

刃を研ぐ

日々、自分の器を育てよう
  • 4つの側面でバランスよく刃を研ぐ時間をとる


  1. 体調(肉体)
  2. 観点(精神)
  3. 自律性(知性)
  4. つながり(社会・情緒)


  • 7つの習慣はシナジーでより高い成果を生む


『まんがでわかる7つの習慣』を読んで

まず、マンガで内容をつかんでから、文章を読むと頭にするすると入ってきやすかったように思います。


「7つの習慣」で自分を変えていけたらいいなと思います。







SPONSORED LINK


 

2014年8月28日 カテゴリ:[自己啓発・仕事術, 読書感想・書評]

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ