ずっと手取り20万円台でも毎月貯金していける一家の家計の「支出の割合」

『年収200万円からの貯金生活宣言』の著者である横山光昭さんの著書『ずっと手取り20万円台でも毎月貯金していける一家の家計の「支出の割合」』を読んでみました。





『ずっと手取り20万円台でも毎月貯金していける一家の家計の「支出の割合」』とは

単身者、DINKSに加えて、夫婦と子ども2人の家庭の理想の支出割合を都市部と地方ごとに紹介している本です。


夫婦と子ども2人の家庭は手取り月収28万円と仮定して、子どもが小学校、中学校、高校、大学などのケースを細かく分けて紹介されています。



筆者が届けたいメッセージ

大事なのはバランス。


理想の「家計の支出の割合」を知ろう



『ずっと手取り20万円台でも毎月貯金していける一家の家計の「支出の割合」』を読んで

費目毎の理想の支出の割合をもとにエクセルで表を作成し、現在の支出と比較してみました。


理想より多い支出に関しては、Chapter4の「多すぎていた支出はこうして削ろう!」を参考に理想の支出に近づけていきたいと思います。





SPONSORED LINK


 

2014年7月7日 カテゴリ:[マネー,節約, 読書感想・書評]

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ